吠える犬だけではない口輪の効用とは

時々、口輪を付けて散歩している犬を見る事があります。

何だか犬が可哀相に感じてしまいますが、犬はストレスを感じないのでしょうか。

口輪は吠え癖のある犬に吠えるのを防止したり、噛み癖のある犬に装着して噛むのをやめさせる為の道具なのでしょうか。

口輪にはどのような効用があるのでしょうか。

問題行動を無くす為の道具ではない

口輪は吠えるのをやめさせる為のを道具ではありません。

また噛む犬を噛まないようにしつける為の道具でもありません。

犬の問題行動は飼い主がリーダーウォークや服従訓練の反復など、正しいしつけで矯正しない限り問題行動は無くなりません。

問題行動を持っている犬の矯正は困難でもあり、根気と時間も掛かるものです。

口輪はそんな矯正期間に問題を起こさないようにする為の補助具と考えて使用すると良いでしょう。

飼い主は口輪を付けたから「はい、大丈夫」ではない事を理解して下さい。

口輪の効用

口輪をする事で散歩中の拾い食いを防いだり、無闇に吠える事も、人間や他の犬を噛む事も一時的に防ぐ事が出来ます。

また動物病院での治療やトリミングをする際に口輪を付けられる事がありますので装着に慣らしておくのも良いかと思います。

「可哀相」といっ時の感情で口輪をしなかったばかりに人間や他の犬を噛んでしまっては、それこそ取り返しのつかない事態になるかもしれません。

小型犬であれば怪我で済むかもしれませんが、大型犬で間違えがあると生命に関わる事もあるからです。

やたらと吠える犬は近所迷惑でもありますし、他の犬に吠える事で喧嘩を誘発する可能性もあるでしょう。

飼い主が愛犬を完全にコントロールできるようになるまでは口輪の使用もやむを得ないと思います。

マズルコントロール補助具として

母犬が仔犬をしつける時に仔犬の鼻先から口全体を覆う様にカプっと咥えてしまいます。

飼い主も母犬と同じように手で鼻先全体を包むようにして数分間、犬が動かない様にそのままの状態を維持して飼い主に服従させるしつけをします。

小型犬なら人間の手でも十分なのですが、大きな犬になると鼻先全体が手に収まらず、犬が暴れて逆に噛まれてしまう危険があります。

そんな時に口輪を使用すると安全にマズルコントロールが出来ます。

愛犬が口輪を嫌がらずに装着出来るように一日に数分ずつでも口輪を付けてマズルコントロールをしてみましょう。

まとめ

口輪の使い始めは犬にとっては嫌な道具であり、多少のストレスも掛かります。

長時間付けっ放しにしない様に注意して下さい。

どんなしつけの手法を試みても飼い主が犬に対して従属的な接し方をしていては効果がありません。

効果が無いだけでなく犬が飼い主に代わってボスに成ろうと攻撃的になります。

口輪を使わなくても良い様に飼い主は一日も早く群れのボスと成りたいものです。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする