風船を使った犬が吠えるのを止めさせる方法

犬が吠えるのを一時的に止めさせる方法では大きな音で驚かせると言うのがあります。

スリッパで床を叩いたり、金具を入れたステンレスの缶をガチャガチャと鳴らして犬に吠えると嫌な音がすると思わせて吠えない様にしつける方法です。

また珍しいところでは風船を使って吠えるのを止めさせると言うしつけの方法もあります。

犬の性格や吠える場面に合わせて色々な方法を使い分けて見ると良いと思います。

玄関のピンポンに吠える犬

玄関のチャイムに反応して吠える犬に対しては風船を使ってみてはどうでしょうか?

風船を使って吠えるのを止めさせる方法とはヘリウムガスで膨らませた風船をカラーに付けて犬の頭の上でフワフワとさせておくだけです。

犬は頭の上に何かあると落ち着かないので、玄関のピンポンが鳴っても吠えるのを忘れてしまうようです。

犬だけではありませんよね?

人間だって頭の上に始終何かがフワフワとあったら落ち着かず、何をしても上の空になるはずです。

取り敢えず1~2時間位犬のカラーに風船を付けて何回か玄関のピンポンを鳴らしてみても風船に気を取られて吠えなければ風船を外します。

吠えなかったら褒める

風船を外してから再び玄関チャイムを鳴らしてみましょう。

この時に吠えなければ「良い子」「グッド」等と言って褒めるのを忘れないでください。

そしてクッキーをほんの少しだけ、ご褒美として与えてやりましょう。

犬は頭上の風船で玄関のチャイムが気にならなくなり、吠えなかった事でご褒美まで貰えました。

ご褒美を貰えた事で吠えないと良い事があるんだと記憶されるでしょう。

更に何度か玄関チャイムを鳴らして吠えなければご褒美を与えるを繰り返して良い記憶を定着させでください。

風船を外すと吠えてしまう場合は再び風船を付けてください。

風船に過度の反応をする場合は

吠える犬に対して叱ったり犬の嫌な音をさせて止めさせる方法は飼い主が常に犬の行動を見張っている必要があります。

またタイミングを外しては効果が得られません。

風船をカラーに付ける方法は飼い主にも犬にもストレスが少ない方法だと思います。

しかし犬の反応にも個体差がありますから、風船に異常に反応して飛びかかったり吠える等の様子がある時は一旦使用を止めて後日に試す様にしてください。

まとめ

吠える犬対策には色々と方法があります。

子育てに絶対は無い様に犬のしつけでも同じ事で、どの犬にも絶対効果があるとは言えないのです。

反応や効果は犬種や個体差にもより様々ですから、一つの方法が失敗に終わったとしても違う方法を試してみれば良いのです。

諦めずに根気強くしつけの方法を探っていると愛犬に合った方法が見つかるはずです。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする