成犬になってからの吠える犬のしつけ方

犬は生後1~3ヶ月の頃を社会化期と呼ばれています。

この社会化期に母犬や兄弟達と過ごす事で犬社会のルールを覚えます。

また飼い主や多くの人間との愛情ある適切な接触から人間と友好的な犬に成長します。

犬の社会化期は犬の性格形成の礎となるとても重要な時期なのです。

社会化期を適切に過ごせなかった犬は

社会化期に十分に母犬や兄弟犬等と過ごせなかった仔犬は成犬後に他の犬との良好な関わり方が分からず、他の犬に吠える、喧嘩する、怯える等の問題を抱える可能性が高くなります。

また人間から愛情ある適切なしつけをされなかった犬も人間に対して攻撃的であったり吠える等の問題行動に加え、しつけも入りにくい様に感じます。

「三つ子の魂百まで」と言う古語は人間に限った事で無く、犬もまた同じと言えるでしょう。

成犬のしつけ直し

しかし、たとえ社会化期を不適切なしつけや環境下で成犬に成長した犬であっても、その後の飼い主等の深い愛情と適切なしつけを受ける事で人間と共存出来る犬に生まれ変われるのも事実です。

適切なしつけとは飼い主等がリーダーとして犬を従属させるに尽きます。

群れ社会が生活の基本である犬には人間と犬との上下関係をしっかりと認識させるために服従訓練から始めるのが成犬をしつけ直す近道でしょう。

飼い主等への服従が出来る様になれば吠えるのをコマンド一つで止めさせる事も可能ですし、他の問題行動もコントロールが可能になります。

リーダーウォークで犬が変わる

犬に飼い主や家族への従属を学ばせるのに最適な訓練がリーダーウォークです。

公園や広場で少し長めのリードを使用して犬の歩き出す方向とは反対に反対に歩き、犬が飼い主に追従する様にさせるのがリーダーウオークです。

犬の様子は一切気にせずに飼い主の好きな様に気の向くままに歩けば良いのです。

次第に犬の方が「どっちに行きますか?」とばかりに飼い主の顔を必死で窺う様になればしめたもの、飼い主をリーダーと分かってきました。

外での散歩の時ばかりでは無く家の中でも出来るので飼い主や家族全員でリーダーウオークを実践してください。

リーダーウオークをマスターすれば以前の犬とはまるで犬が代わったかの様に穏やかになり『待て』『ノー』など他のしつけも入ると感じるはずです。

例えば犬の事情で吠える事があっても飼い主の『待て』『ノー』の制止で吠えるのを止めるようになり、他の犬と出合っても『待て』が出来る事でしょう。

まとめ

正直、成犬になってからのしつけ直しは決して簡単ではありません。

仔犬からのしつけよりも時間も掛かるでしょうが、飼い主等が根気強く愛情深くしつければ必ず犬は応えてくれるはずです。

人間も犬も、いつだってやり直しは出来るのです。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする