愛犬を1人でお留守番させると吠える3つの事情

仕事や買い物などで家に愛犬をどうしても1人でお留守番させなければならない時ってありますよね。

そんな時、愛犬は1人で大人しくお留守番が出来ますか?

それとも(一緒に行きたい行きたい)と言うようにワンワン吠えてしまいますか?

愛犬を観察して吠える原因を考え、愛犬がお利口に1人でお留守番出来るようにしつけていきましょう。

バタバタに吠える

飼い主が外出する時にだけ吠えるとしても後は1人で結構大人しくお留守番している犬の場合は(行ってらっしゃい!行ってらっしゃい!)と言っているのかもしれません。

ただただ外出前の儀式として吠えるだけと考えられます。

それでも外出前のバタバタしている時にワンワンされるのは飼い主としては困ります。

しかし飼い主のそのバタバタが愛犬が吠える原因かもしれませんよ。

外出前は出来るだけ余裕を持って用意をしてバタバタしないように飼い主が気をつけるだけで愛犬が吠えることをしなくなることもあります。

分離不安

愛犬が飼い主の外出している間もずっと鳴いているのなら、それは分離不安の可能性があります。

仔犬の時に母犬や兄弟犬から早く引き離されてしまった犬によく見られます。

仔犬は母犬や兄弟犬と過ごす事で社会性を身につけますから、仔犬を引取る時には早くても2カ月以上経ってからにすると分離不安を起こしにくいです。

分離不安の犬に対しては遊びやしつけを通してたくさん褒め、信頼関係を築く事で1人でお留守番の時も少しずつ吠える事が減っていくと思います。

ハウスを用意する

ハウスは犬にとって、外敵から身を守り落ち着き安心出来る場所です。

ハウスがあれば愛犬も吠える事なく1人でお留守番が出来るようになる事があります。

用意するハウスは大き過ぎないように、愛犬がスッポリと収まる位の大きさが良いです。

仕事などの長時間の外出ではサークル内にハウスと水とトイレと安全なオモチャを入れて出掛ければお留守番時のイタズラや誤食を防ぐ事が出来ます。

お留守番時のイタズラや誤食は愛犬の生命に関わるような事になる可能性がありますから愛犬をフリーにしておくのはとても危険です。

愛犬を1人でお留守番させる時は愛犬の安全安心のためにもサークルの使用を強くお勧めします。

まとめ

外出準備をする前に愛犬をサークルに入れて少し遊んであげてから外出準備を始めます。

愛犬は遊びに満足してサークル内で飼い主の外出準備中も落ち着いていられます。

外出時にはオヤツを与え身体を撫でて『良い子でね』と声を掛けて静かに出掛けてみましょう。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする