飼い犬の飛びつきを防止するコマンドとは?

犬は嬉しい時、飼い主に飛びつき、喜びや興奮を身体全体で表現する事があります。

飼い主にとっては飛びつきも時にはとても可愛いく感じる動作でもありますね。

しかし小さい犬ならまだしも中型犬以上になると誰から構わず飛びついてしまうのは困りものです。

大型犬であれば飛びつかれた方は怪我をする可能性もあります。

『座れ』『待て』を完璧にする

先ず、あなたの家の犬は『座れ』や『待て』の躾がちゃんと出来ていますか?

全ての躾の始まりは『座れ』『待て』であり、この2つのコマンドがきちんと躾られていれば、飼い主は大抵の困り事を防止出来ると思います。

また飛びつきを防止するには、先ず『座れ』と『待て』をきちんと躾る事が重要なのです。

例えば、飼い主が外出から戻ると犬は嬉しくて嬉しくて、飼い主に飛びつきたくなります。

そんな時、犬の愛らしさや可愛いさに負けてグダグダと犬を構っていませんか?

きちんと躾をするには犬が駆け寄って来た瞬間に飼い主は『座れ』とコマンドを出して座らせることです。

『座れ』のコマンドで犬が座れば飛びつきを防止できるのです。

犬がコマンドに従ったなら身体を撫でながら存分に褒めてやれば犬も満足する事が出来ます。

『座れ』『待て』の教え方

『座れ』を教える時は、最初は餌やおやつなどのご褒美を使ってみましょう。

犬を前にしてごく少量のご褒美を手に持ち『座れ』と指令を出します。

最初は鼻先でご褒美を見せ、そのまま犬が少し顎を上げて上を見上げるような位置に持って行けば犬は自然に座る姿勢になります。

座った時点で飼い主は言葉でも褒めながらご褒美を与えます。

次は『待て』を教えます。

ご褒美を使って犬を座らせたら『待て』とコマンドを出します。

犬の鼻先で掌のご褒美を見せて数秒待ってから『良し』と言ってご褒美を与えます。

『良し』の前に犬が立ってしまったり少しでも動いてしまったら手を閉じてご褒美を与えずに再び『座れ』『待て』を繰り返します。

『待て』の時間は最初はごく短くして成功体験を増やし、徐々に『待て』の時間を長くしていきます。

更に上級編では『待て』を出した後に飼い主が犬の周りを回ってみたり、一旦部屋から出てみたりしても犬が動かずに居られるように躾ます。

ここまで出来るようになれば犬が興奮している時でも『座れ』や『待て』のコマンドに従い、飛びつきを防止出来るでしょう。

しかし失敗しても決して怒ったり『駄目じゃない』『待てでしょ』などのコマンド以外の言葉を発しないように注意してください。

失敗したら飼い主は淡々と落ち着いた声で『座れ』からやり直しをすれば良いのです。

まとめ

コマンドは犬に指令を与える言葉ですが、犬は日本語や英語の区別は分かりませんから何語を使っても構いません。

コマンドは犬にとって聞き取りやすい音でなければなりませんから短く発音しやすい言葉が適当です。

『お座り』よりも『座れ』『シット』の方が犬にとっては聞き取りやすい音になります。

『お座りは?』『お座りでしょ』など余計な音を混ぜ込むと犬が混乱してしまいます。

コマンドは短くはっきりとが鉄則です。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする