しつけの基本リーダーウォークで犬の拾い食いを防止する

散歩中の拾い食いで生命を落とした犬のニュースを何回か目にした事があると思います。

食べ物に毒を混ぜてばら撒くと言う全く心無い人の悪意に満ちた行為は許せるものではありませんが、飼い主として出来る事は愛犬に拾い食いをさせないしつけを徹底し、愛犬を心無い人から守らなければなりません。

リーダーウォークとは

常に飼い主が犬を導き歩く事をリーダーウォークと言います。

散歩の行き先や歩く速度、排泄の場所も飼い主が決め、勿論拾い食いなどさせないように、犬は飼い主に寄添うように歩かせます。

リーダーウォークの基本は人間の左側を犬に歩かせますが、道路事情によっては右側を歩かせる事もあります。

ドッグショーではないので必ず左側ではなく、車道側を犬が歩かなくても良いように左側、右側どちらも歩けるようにしつけるべきだと思います。

リーダーウォークのしつけ方

リーダーウォークは玄関を出る時に始まっています。

散歩に行くと分かって興奮している犬を玄関で『座れ』『待て』で落ち着かせ、必ず飼い主が先に外に出て『よし』と許可を与えてから犬を外に出します。

犬に左側を歩かせるなら右手にリードの輪を持ち、左手でリードの中程を持ちます。

リードは少し弛ませる位にゆったりと持って下さい。

犬をきちんと飼い主の左側に『座れ』をさせてから歩き始めるのもしつけの一環です。

歩き出して犬が飼い主より前に出たらくるりと反対方向に向かうようにします。

訓練を始めたばかりの頃は同じ場所を行ったり来たりになりますが、諦めずに根気強く犬が前に出たら反対方向に行く事を繰り返して下さい。

散歩中での排泄

リーダーウォークに慣れて来たら飼い主は速足で歩いたり、ゆっくり歩いたり、急に止まったりとバリエーションをつけながら歩くと犬も飼い主に集中して飽きる事がないので拾い食いをしたり勝手な場所での排泄などが防止出来ます。

散歩中の排泄は飼い主が決めた場所にトイレシートを使用して『ワンツーワンツー』のトイレコマンドで排泄させるようにしつけるのが飼い主のマナーです。

シートにオシッコをさせれば、その場所に臭いを残さずに持ち帰る事が出来ます。

ペットボトルの水を流したくらいでは臭いが残り、そこにまた別の犬がオシッコをかけるので近隣住民の迷惑になってしまいます。

まとめ

リーダーウォークをしつけるには『座れ』『待て』『よし』のしつけや『ワンツーワンツー』のトイレコマンドのしつけがされているとリーダーウォークもスムーズに進みます。

そして普段の散歩はリーダーウォークになりますが時にはドッグランで思い切り自由に走らせたり、ボール遊びをしたりとメリハリのある生活を愛犬にさせてやりたいですね。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする