症状が出てからでは遅い危険な犬の拾い食いを防ぐに

大抵の犬はとても食いしん坊です。

何か食べ物を見つけた時、飼い主の目が無ければ食べたい本能に打ち勝つ理性を持ち合わせている犬はとても少ないと思われます。

怖い誤食

盗み食いや拾い食いは愛犬の生命を脅かす事になりかねません。

食べ物ばかりではなくボールの様なオモチャを呑み込んでしまう犬もけっこういるのです。

プラスチックのボールを丸呑みしてしまうと身体の中で粉々に砕けて胃や腸の粘膜を傷つけます。

シリコン製のスプーンをクチャクチャと噛み切って呑み込んでしまい、腸内で詰まってしまい手術で取り除くも生命を落としてしまった犬もいます。

また飼い主の留守にゴミ箱を漁って美味しそうな匂いのする発泡スチロールの皿を食べてしまう事もあります。

プラスチックもシリコンも発泡スチロールも体内では硬くなり臓器を傷つけるのです。

犬には毒になる食材を知っておく

人間には栄養価が高くても犬にとっては毒となる食材があります。

玉ねぎ、長ネギ、らっきょ、ニンニクなどのネギ系の野菜で犬は中毒症状を引き起こしまいます。

昔はご飯に具が玉ねぎの味噌汁をかけて犬に与えていた時代もありましたが、ネギ系は中毒症状を起こす危険がある犬に与えてはいけない食べ物です。

意外なところではチョコレート、ぶどう、アボカドも犬に与えてはいけない食べ物です。

キッチンでのお料理中にも落としたり、食材を置きっ放しにしない様に注意してください。

また気をつけたいのは梅干しの種です。

故意に与えなくても落とした物を素早くパクッと呑みこむと、チワワの様な小型犬では腸に詰まってしまったり、傷つけてしまいます。

拾い食いしてしまったら

飼い主が目を離した隙に犬が拾い食いや盗み食いをしてしまったらどうすれば良いのでしょうか。

拾い食いに気づいた時点で中毒症状がでていなくても、とにかく直ぐに病院に連れて行くべきです。

そのうちウンチと一緒に出て来るかもと様子を見るのは危険です。

動物は痛みにとても強く、自然界では弱った姿は外敵に襲われる危険が高くなるため、犬も限界まで痛みや弱さを見せません。

食欲が無い、嘔吐を繰り返すなどの症状が出た時には手遅れになってしまいます。

夜間で病院に連れて行けない時は、病院で診察するまで一切の食べ物を与えず断食させてください。

オモチャなどは呑み込んでから短時間なら吐き薬や内視鏡(それでも麻酔のリスクはあるが)で取り除ける可能性もあります。

しかし時間が経ってしまうと臓器を傷つける可能性も高くなり開腹手術で取り出すと言う最もリスクの高い方法になってしまいます。

まとめ

たかが拾い食い、されど拾い食い。

愛犬の生命を守るためにも拾い食いをさせないように飼い主は注意に注意を重ねてください。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする