飼い犬が散歩中に拾い食いをした物を瞬時に吐かせるコマンド

犬を躾ける時に使う、犬に指令を与える言葉をコマンドと言います。

犬は英語とか日本語の区別はつかないのでコマンドは英語でも日本語でも何語でも良いのです。

大切なのは短く、聞き取りやすい言葉が適しています。

『お座り』よりは『座れ』『シット』の方が人は発音しやすく犬にとっては聞き取りやすい音になります。

拾い食いは生命に関わる

拾い食いは犬にとってとても危険な行為です。

毒物が入った食べ物が落ちている場合もあるからです。

飼い犬に食べ物を与える時は必ず『待て』『よし』を躾けるのは家族としての序列を認識させると共に、飼い主から許可を得た食べ物しか食べてはいけない事を教えるためでもあります。

散歩中でも家の中でも拾い食いなど飼い主の許可を得ていない物を食べないように厳しく躾ける事が犬の生命を守ることになります。

咥えた物を吐くようにするコマンドを教える

それでも食いしん坊な犬は拾い食いをしてしまう事があります。

そんな時は『アウト』や『ドロップ』または『出せ』などで、とにかく口に咥えた物を吐くコマンドを教えておくことも大切です。

最初はおもちゃで遊びながら訓練をします。

おもちゃを持って来させてドロップなどのコマンドを言えば口からポトリとおもちゃを落とすように訓練します。

おもちゃをコマンドで口から吐くように床に落としたら存分に大袈裟に褒めましょう。

褒める時には、ごく小さくした犬用クッキーや少量のご飯をご褒美に与えても良いです。

ご褒美の量は太らない様に加減してください。

おもちゃで出来るようになったら次はおやつや骨などでも訓練します。

犬が骨をカジカジしている時に『ドロップ』とコマンドを出し、骨を口から出したら褒めて、別のご褒美を与えます。

また骨を床に置いておき、犬が飼い主の許可『よし』が無いのに骨を食べようとしたら、骨を咥えた瞬間にコマンドを出して吐くように訓練します。

こうして飼い犬には飼い主が許可を与えた食べ物しか食べてはいけない事を教えるのと同時に拾い食いした物を吐くように訓練をします。

訓練の時は失敗した時は怒ったりせずに黙って取り上げ、成功した時には思いきり褒める事が大切です。

成功体験が大切なので訓練は成功して褒めて終わるようにします。

まとめ

飼い主は犬のリーダーとして彼等を守らなければなりません。

慣れた散歩道でも飼い主は油断せずに常に犬に危険な物が落ちていないかに気をつける必要があります。

犬よりも先に危険を察知して『ノー』『まて』などのコマンドで危険をやり過ごすのが最も安全です。

全てのコマンドは短く.余計な言葉は入れないが原則です。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする