リーダーウォークで愛犬の引っ張り癖をしつけ直す

あなたの愛犬はリーダーウォークが出来ますか?

散歩中に愛犬の引っ張り癖に困っていませんか?

リーダーウォークをマスターすると様々なしつけも入りやすくなります。

玄関からスタート

殆どの犬はご飯の次に散歩が大好きです。

首輪とリードを着けたら、「さぁ散歩だと!」と興奮状態で愛犬は玄関から飼い主を引っ張りださんばかりの勢いで歩き出してしまいます。

しかし、引っ張り癖を直すには玄関を出る時が肝心で、しつけのスタートです。

先ず興奮状態の愛犬を落ち着かせる為に愛犬の目を見て『座れ』をさせます。

愛犬がしっかりと座れたら『待て』です。

玄関を開けて必ず飼い主が先に外に出てから犬を出してください。

『よし』と外に出る許可を出す前に愛犬が立ってしまったら無言で玄関を閉めて『座れ』からやり直しです。

今迄とは違う飼い主の態度に愛犬も最初は戸惑いますが、何回か繰り返すうちに『よし』と許可が出ないと散歩に行けないのだと愛犬は理解するでしょう。

犬の行きたい方向に行かない

玄関で落ち着きを取り戻した愛犬も歩き始めると再びウキウキといつもの散歩と同じようにリードを引っ張り、自分の行きたい方向にタッタカと歩き出すでしょう。

ここで飼い主は引っ張りに任せず、毅然とした態度を示さないとしつけは出来ないのです。

リードは少し弛ませる様に持ち、愛犬が先に歩き出した方向と反対方向に進んで下さい。

「え?今日はこっちなんだ?」とまた愛犬が飼い主よりも前に出たら、また反対方向に行きます。

向きを変える時に愛犬を気にしたり、声を掛けても行けません。

最初は同じ場所をグルグルするばかりで中々前に進めませんが、次第に愛犬は『どっちに行くの?』と言うように飼い主の顔を見ながら少し後ろを歩く様になります。

リーダーウォーク

愛犬が飼い主より前に出ては行けない事が理解出来たら、いよいよリーダーウォークです。

基本は右手をリードの輪を持ち、左手でリードの中程を軽く持ち、左手でリードを引いたり緩めたりの調節をします。

犬を左側に『座れ』をさせて『つけ』と指令を出してから歩き出します。

歩く方向は常に飼い主が決め、いつも同じスピードで歩くのではなく、速足で歩いたり走ったり、急に止まったりしても犬が常に飼い主の横に『つけ』てる状態がリーダーウォークです。

飼い主の利き手や道路状況によってどちらにでも『つけ』るように訓練しましょう。

まとめ

引っ張り癖のある犬をしつける時の首輪はハーフチョークの使用をお勧めします。

普通のベルトタイプの首輪では後ろに引っ張ると抜けてしまう事があるので危険です。

またリードは皮革製の物が手が滑り難く、扱いやすいと思います。

全てのしつけは毎日、毎回、必ず続ける事が肝心です。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする