愛犬がお散歩中に引っ張るのは飼い主を下にみているのかも

お散歩に出ると引っ張る犬に連れて行かれるように歩いている飼い主さん。

そう言う飼い主の飼っている犬は殆どが小型犬です。

そう言う犬に限ってキャンキャンとよく鳴き、我儘な困ったワンの事が多いです。

思い当たる節がある飼い主は要注意、もしかしたら愛犬はあなたを自分よりも下の存在と思っているのかもしれませんよ。

小型犬飼い主あるある

大型犬の飼い主は犬の引っ張るのをそのままにしたり我儘を許していたら大変な事になるのが分かっているので、大概の飼い主は犬についてよく勉強し愛犬もきちんとしつけられています。

しかし小型犬は圧倒的に人間の方が大きく力でも優っているので、飼い主はつい甘やかしてしまい犬の好き放題に本当に困ったワンにしてしまいます。

お散歩中に他の犬に会おうものならキャンキャンと鳴き叫び、うるさいので仕方なく抱き上げる。

しかし犬は飼い主に抱き上げられると、ますます強気になり、抱き上げられた事で褒められていると勘違いしてしまいます。

大型犬も小型犬もしつけの基本は同じ

しつけの基本は大型犬も小型犬も同じです。

『座れ』『待て』と名前を呼んだら飼い主の下に来る様にする呼び戻しのしつけ。

そしてリーダーウォークではお散歩中に引っ張るのを抑止します。

お散歩で飼い主を引っ張る犬は飼い主よりも自分がリーダーであると勘違いしている節があります。

その為にいつも周囲を警戒し、何かあればキャンキャンと鳴き叫び敵を威嚇しなければならないのです。

飼い主がリーダーシップを発揮して愛犬をのんびりと心穏やかに過ごさせてあげましょう。

リーダーウォーク

リーダーウォークをしつけるにはお散歩に出る前からが肝心です。

玄関で首輪とリードを付けたら『座れ』『待て』をさせて、玄関の扉を開けたら必ず飼い主が先に外に出てから愛犬を出します。

『よし』の前に愛犬が立ってしまったら玄関を閉めて『座れ』からやり直してください。

お散歩で歩き始めたらリードはゆったり目に持って愛犬が少しでも前に出たら反対方向にくるりと向きを変えて進んで下さい。

最初のうちは同じ場所ばかり行ったり来たりになってしまいますが、何回も繰り返すと愛犬は飼い主の顔を見ながら歩くようになります。

まとめ

しつけは決して難しい高度な事を教える訳ではありません。

飼い主の愛情と根気があればワンちゃんは出来るようになります。

飼い主がきちんとしつけをすることで、愛犬は自分が守ってもらえると分かればお散歩で飼い主を引っ張ることもなく、うるさくキャンキャン吠える必要もなくなります。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする