お座りが出来ない犬は飼い主の教え方に問題ありかも

犬にご飯を与える前に必ず『座れ』と『待て』をさせるのはしつけのセオリーと言えます。

パピーの頃からきちんとしつければ比較的簡単に覚えてくれます。

あなたの愛犬がお座りが出来ないのは教え方に問題があるのかもしれません。

コマンドは短く

犬に様々な指令を出すときに使用する言葉をコマンドと言い、犬のしつけとはコマンドを理解し従えるようにする事です。

コマンドは英語でも日本語でも混合でも構いませんが短い言葉でハッキリとが鉄則です。

『お座り』よりは『座れ』『シット』の方が犬には分かりやすいのです。

『お座り』と言っても愛犬が座らないと『お座りは?』『お座りでしょ?』『アレ?お座りして!』と次々に違う言葉が増えてしまうので犬は飼い主が何を言っているのか分からなくなってしまい、お座りする事が出来ないのです。

飼い主は『座れ』と愛犬の目を見てアイコンタクトを取りながら常に静かな調子でコマンドを出すように心掛けてください。

お座りをさせる方法

実際にお座りをさせる、教える方法は先ずオヤツを見せて匂いを嗅がせます。

匂いを嗅がせたまま静かに『座れ』と言い、オヤツを鼻先から少し犬が首を後ろに反らすような見上げる高さに持って行くと自然にお座りせざるを得ない常態になります。

犬が後退りしてしまうようならば、犬のお尻を上から少し押してやると座ります。

または後退り出来ないように壁の前で行うのも良いでしょう。

愛犬がきちんとお座りする事が出来たら『待て』の後に『良し』と食べる許可を与えます。

ご飯の時は『待て』の後にご飯の容器を置いてから『良し』の許可を出してください。

最初は『待て』はごく短くし成功体験を増やしながら少しずつ『待て』の時間を長くします。

コマンドは1回で決める

しつけの際はコマンドを使用して短くハッキリと指令を出し、褒めるを繰り返します。

直ぐに指令に従わなくても何度もコマンドを言ってはいけません。

本来コマンドは1回で従うべきものなのに、飼い主が何度もコマンドを繰り返すと犬の方で勝手に(3回目で従おう)と判断したりします。

一度『座れ』とコマンドを出したら直ぐに指令に従わなくても愛犬と目を合わせ、無言のまま毅然とした態度で愛犬の様子を見ましょう。

愛犬も従うべきなのか飼い主の様子を伺っているのです。

まとめ

愛犬がコマンドに従う事が出来た時はたくさん褒めてあげましょう。

犬も人間と同じように成功体験を重ねる事でやる気がまし、どんどんお利口になっていきます。

飼い主は根気強くしつけをし続ける事が必要です。

愛犬と飼い主の信頼関係は一朝一夕には繋がりません。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする