『おすわり』が犬のしつけで重要な理由

犬を飼うならばきちんとしつけをして人間と共生出来る犬に育てなければなりません。

と言うと犬を飼うのは大変そうと思うかも知れませんが、実は簡単です。

犬を擬人化せずに犬として扱うだけです。

犬には犬の枠があるのですから犬を人間の枠に取り入れてはダメなのです。

犬は犬として扱い、飼い主や家族の下に従属する犬になるようにしつける事が犬本来の幸せでもあります。

飼い主や家族の優位性を示す

飼い主や家族のコマンドに従わせるのは犬に服従させるしつけになります。

犬は群れで生活し、縦社会の順位制を重視する動物です。

『おすわり』とコマンドを出しても犬が無視するようなら飼い主をリーダーと認識していません。

また飼い主には『おすわり』をしても家族の者には『おすわり』をしないで無視するようなら、その家族を自分よりも下位にあると思っています。

犬が自分よりも下位と認識するのは犬を構い過ぎる人です。

常に犬を撫で、犬と遊び、ご飯も与えているにも拘らず下位と認識してしまうのは犬の良いように接しているからです。

犬は下位とみなした人間には時に唸って見せたり、攻撃して自分の優位性を示す事があります。

その様な時には犬を一切構わず、目も合わせず、まるで犬が居ないかのように振舞い、上位の者が下位の者を無視する犬の縦社会のルールを利用して人間の優位性を示す訳です。

服従させるしつけ

飼い主や家族の優位性を示すには服従訓練が不可欠であり、愛犬には1日の中で何度となく『おすわり』『待て』『伏せ』をさせて服従訓練をしてください。

中でも『おすわり』は『待て』や『伏せ』よりもずっと簡単なので仔犬でも直ぐに出来る様になりますから初めてのしつけにピッタリなのです。

愛犬には毎日ご飯の時や散歩前にも必ず『座れ』と威厳のある口調でコマンドを出して服従させる事が必要です。

飼い主だけでなく、家族全員が『おすわり』をさせる様にして下さい。

コマンドは犬が聞きやすく、短い言葉が適しているので『おすわり』よりは『座れ』や『シット』の方が良いでしょう。

そしてコマンドは一度で従わせる事が大切ですから何度も『座れ』を連発せずに飼い主の威厳を示してください。

『お座りは?』『座れでしょ』などと余計な言葉を発してコマンドの音を変えてしまうと犬は混乱してしまいます。

興奮状態を抑制するしつけ

『おすわり』のコマンドに従わせるのは人間の優位性を示すだけでなく興奮状態にある犬を一旦落ち着かせる効果もあります。

「ご飯だ!嬉しい!」「散歩だ!散歩だ!」「何だ!あいつは!」「ヒャッホー??」と犬が興奮状態になる理由は色々とありますが『おすわり』をさせる事で犬に冷静さを取り戻させます。

散歩に行く前には玄関で『おすわり』と『待て』をさせてから出掛けると犬の飛び出しや引っ張り予防になります。

散歩中に愛犬と気の合わない犬に出くわしてしまった時も『おすわり』をささて興奮を鎮め、相手の犬が遠くへ行くまでやり過ごす事が出来ます。

まとめ

『おすわり』のしつけは服従訓練の初めの一歩と言えますが、完璧に一度で従わせるには飼い主の日頃の接し方にかかっています。

犬は家族ですが、決して擬人化することなく犬として扱うことで飼い主が愛犬のボスとなれるのです。

そして『おすわり』から『待て』『伏せ』と犬の成長に合わせてしつけると良いでしょう。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする