お座りを覚えない犬でもやる気になるしつけ方

犬に覚えさせたいしつけの代表的なものに『お座り』がありますが、ウチの犬は全然覚えないと愚痴る飼い主も少なくありません。

犬も人間と同じように直ぐに覚える犬と中々覚えない犬と個体差があるのは事実です。

しかしどの犬も飼い主が諦めずに根気良く教えてやれば必ず出来るようになります。

犬がやる気になるしつけ方

犬は基本的に飼い主が大好きです。

飼い主の言っている事を理解し、飼い主に褒められたい、構ってもらいたいと思っています。

犬にしつけをする時は出来た時、良い子の時には褒めてやり、失敗した時にはスルーするのが基本です。

犬は何種類かの言葉、コマンドを理解しますが、全ての言葉を理解出来る訳ではありません。

『お座りでしょ』『お座りわ?』と矢継ぎ早にコマンド以外の余計な音でコマンドが分からなくなってしまい何をすれば良いのか混乱してしまいます。

犬がコマンドを覚えないのではなくて飼い主がコマンド以外の音を言い過ぎた結果、混乱して犬のやる気も阻害してしまうのです。

しつけをするにはコマンドは犬に分かるように短くはっきり発音出来る言葉を選択しなければなりません。

『お座り』よりは『座れ』や『シット』の方が犬には聞き取りやすく理解しやすい音と言えます。

『座れ』の教え方

『座れ』はフードを使う事でほとんどの犬が簡単に出来る様になります。

犬にフードの匂いを嗅がせてフードを持った手を『座れ』と言いながら犬が見上げる様な位置に持って行くだけで自然とお座りする状態になります。

犬が後ずさりしない様に壁の前で『座れ』をさせると良いでしょう。

フードに興味の無い犬には飼い主が犬の正面から両手で頬を軽く掴みながら目と目を合わせて『座れ』と静かに威厳のある声で言います。

この時に犬のお尻を上から押して座らせても良いでしょう。

犬のボスになる

犬がコマンドを覚えないのは、実は飼い主が犬にボスと認められていない可能性があります。

犬は群れの順位制を重視する動物であり、自分と同等や下位の者の言う事は聞かずに無視します。

犬を構い過ぎていたり、犬の言いなりの散歩をしていては飼い主が犬に従属していることになってしまい、これではコマンドが聞こえていても知らんぷりを決め込む事でしょう。

犬をやたらと構うのを止め、リーダーウォークを実践して飼い主として犬のボスと認めさせる事で驚くほど様々なしつけが入りやすくなります。

まとめ

群れの順位制を重視する犬は飼い主に従属する事で穏やかで落ち着いた犬になります。

そしてボスの指令には喜んで従う犬になるのです。

飼い主は愛犬がお座りを覚えないと愚痴る前に犬のボスとなる態度を学ぶ必要がありますね。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする