愛犬へのトイレの教え方

愛犬を家族として家に迎えたその日から始めるのがトイレトレーニングですが、教え方次第でトイレトレーニングの進み具合が違います。

愛犬が仔犬である場合も成犬である場合も基本的にトイレの教え方は同じです。

愛犬を迎える準備

ある程度の広さを確保しサークルフェンスなどで囲み、その中に寝床となるハウスと水を入れてやります。

ハウス以外の場所全てにビニルシートを敷いてさらにトイレシートを敷き、何処にオシッコをされても良い状態を作ります。

これで準備完了です。

犬が自宅に来たらサークルの中に入れてやり、あまり構い過ぎないように気をつけてください。

犬が自宅に来て人間も嬉しくて構いたい気持ちになりますが、犬も初めての場所に連れて来られて不安でいっぱいなので疲れてしまいます。

トイレは犬に決めさせる

とにかく初めはオシッコをしたら褒めるようにしましょう。

仔犬の場合はあちこちでオシッコをしてしまいますが、その内の一箇所でハウスから離れた場所をトイレに設定し、その場所以外は直ぐにシートを交換して清潔に保ちます。

人間が勝手にトイレを決めるのではなく、犬が自らオシッコをした場所にトイレを設定する事で犬にとってはトイレとして気に入らない場所になる事を防げます。

そしてトイレと設定した場所にはオシッコの臭いを残してやると仔犬もトイレと認識しやすくなり、段々とその場所でオシッコをするようになります。

教え方のコツは褒めること

トイレでオシッコやウンチをしたら『良い子だね』と褒め、トイレ以外の場所で粗相をした時には無言で淡々とシートを変えます。

愛犬は褒められる事で成功体験が増え、トイレを覚えます。

ただし、あまり大きな声を出すと仔犬は驚いたり興奮し過ぎてしまうので優しく褒めてくださいね。

そうして何日かするとトイレで排泄する回数が増え、粗相も少なくなって来たらシートを敷く場所を少しずつ少しずつ小さくし、最終的にトイレシート1?2枚にします。

男の子の場合はオシッコをする時に脚をあげるので飛び散りますから少し広めにトイレ設定するか、シートの敷き方を工夫する必要があります。

トイレコマンドの教え方

愛犬がトイレで排泄するようになったらトイレコマンドも教えましょう。

愛犬が排泄している時に『ワンツー、ワンツー』と声をかけてやります。

排泄の度に声かけをしてコマンドを覚えさせると今度は逆にコマンドを言えば排泄をするようになり、飼い主が愛犬の排泄をコントロール出来るようになります。

愛犬との散歩でもトイレシートを持ち歩き、コマンドを使ってシートに排泄させるようにしましょう。

まとめ

トイレトレーニングに限らず、愛犬のしつけは飼い主の根気が大切です。

犬種によって覚える速さに違いはありますが、飼い主が愛情を持って根気強くしつければどの犬も必ず応えてくれます。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする