犬の排泄の前兆を知ればトイレトレーニングも簡単

犬のトイレトレーニングが順調に進む犬と、失敗ばかりで中々トイレを覚えてくれない犬といます。

犬の個体差は勿論あると思うのですが、そればかりでは無く、飼い主の教え方でも差が出るのではないかと思います。

人間の子供のトイレトレーニングでもトイレに連れて行くタイミングがありますが、犬でも同じ様に排泄の前兆を見極めてタイミング良くトイレに誘う事で思いのほか早くトイレトレーニングは成功します。

先ずはトイレの設置

少し広めのサークルを用意して、ビニルシートを敷き詰めた上にトイレシートを敷き、ハウスも入れてやります。

ビニルシートが敷いてあるので犬が何処でオシッコやウンチをしてしまっても大丈夫、臭いが残る心配もありません。

汚れたトイレシートは直ぐに替えますが、新しいシートに少しだけオシッコの臭いを付けておけば次もそこでオシッコをする可能性が高くなります。

サークル内であちこちにしていた排泄の場所が少しずつ狭まってきたらトイレシートを敷く範囲も少しずつ狭くしていきます。

最終的にはトイレシート1~2枚になる様にするのです。

ここまで来ればサークルを外しても自分でトイレに行って排泄します。

オシッコの前兆は寝起きと食後

犬のオシッコの前兆と言うのは実は見極めるのはとても難しい事です。

特に仔犬の時は遊んでいる最中にいきなりジョーっとやらかす犬もいます。

それでも流石に寝ている時と食べている時にオシッコをしてしまう犬は見た事がありません。

と言う事は寝起きと食後は排泄の前兆、トイレタイムと思えば間違いがないと言うことです。

寝起きやご飯の後は排泄するまでサークルから絶対に出さないで『ワンツーワンツー』と声を掛けてやり、排泄を促します。

また仔犬の時は1時間に1回はサークルに戻してやり、自分のオシッコの臭いを探してクンクンし出したら排泄の前兆です。

この時も『ワンツーワンツー』と声を掛けてやります。

くるくるまわる

ウンチの前兆はオシッコと比べてハッキリとわかる行動をする犬が多いです。

犬が臭いを嗅ぎながら一箇所でくるくるまわる様な行動はウンチの前兆です。

トイレに誘導して『ワンツーワンツー』と声を掛けてやりましょう。

まとめ

トイレトレーニングの時の『ワンツーワンツー』は排泄を促すコマンドです。

お留守番の前や外出前にコマンドで排泄させる事が出来る様になります。

トレーニング成功への近道はトイレで排泄したら必ず褒めてやり、失敗した時は無言で処理をします。

またトイレの設置では雄の場合、飛び散り防止に少し工夫が必要になります。

犬はトイレでオシッコをしているのに飛び散ってしまうと飼い主は掃除が必要になり、犬を褒めてやる気分で無くなってしまいます。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする