留守番中の犬のトイレはどうしたら良い?

共働きの家庭が増えた昨今です。

犬を飼いたいけれど、留守の間の犬の世話をどうしたら良いか分からず躊躇している方も多いと思います。

日中は誰も家に居ないのですから犬は留守番する事になります。

成犬の食事は日に1回?2回が普通なので、朝と晩にフードを与えれば問題ありません。

問題なのは留守番中のトイレをどうするか?ですね。

留守番の練習は短時間から

犬にいきなり長い時間の留守番をさせるのはお勧めしません。

毎日、10分、30分、1時間、2時間…と留守番に慣らしていきます。

また留守番させるのはイタズラや盗み食いなどを防止する為にも放し飼いでは無く、ゲージやクレート、サークルに入れて留守番される方が良いでしょう。

成長と共にジャンプ力のある犬や活発な犬はサークルを乗り越えてしまうのでゲージやクレートで留守番させるのが一番安全と言えます。

寂しがり屋の犬は人間の声がしないと不安になるので、留守中はテレビやラジオを小さな音でつけておくと安心します。

仔犬のトイレ設置場所

犬は成犬になると個体差にも依りますが7時間~10時間位ならオシッコを我慢出来る様になるので留守番中のトイレの心配をしなくても大丈夫だと思います。

またトイレコマンド『ワンツーワンツー』をしつけておくと、留守番の前に飼い主のコマンドで排泄が出来れば尚更安心して外出する事が出来ます。

仔犬の間はオシッコの間隔も短いので留守番中のトイレを設置してやらなければなりません。

ゲージを2個連結して中で行き来出来る様にし、片方には犬のベッドを用意し、もう一方にトイレシートを設置します。

トイレスペースとして明確にする為にもトイレ部分をカーテンなどで仕切ってやると良いと思います。

お留守番させるのが分かっていて犬を飼うならば、放し飼いでは無く最初からゲージで育てる様にします。

トイレシートがビリビリ

犬が長い時間のお留守番に飽きてしまい、トイレシートをビリビリに喰いちぎった挙げ句に食べてしまうと言う問題を度々聞きます。

今はトイレシートの上からメッシュカバーをするタイプのトイレマットが売られています。

メッシュカバーが付いているのでシートに手も口も出せませんからビリビリ防止になります。

ご使用をお勧めします。

まとめ

留守番中のトイレは色々と対策をしても犬によっては想定外に儘ならないものです。

犬の体質上、留守番中のトイレの心配は成犬になるまでの1年弱です。

なるべく長時間の留守番は避けられるものなら避けたいのですが、仕事で致し方無いなどの飼い主は犬のシッターさんにお願いするのも一つの手だと思います。

仕事から帰宅後にウンチまみれのワンちゃんやゲージを洗う手間とイライラを考えると費用も高くないと思えるのではないでしょうか?







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする