オシッコがはみ出す犬のトイレ対策

トイレを覚えてくれてトイレトレーニングも無事終了とホッとしていたのも束の間、いつもトイレシートからオシッコがはみ出す愛犬。

床に染み付いてしまう臭いや衛生面でも困りますよね。

特に脚を上げてオシッコをする男の子のワンちゃんは中型犬や大型犬ではオシッコの量も多く結構遠くまで飛ぶんです。

女の子のワンちゃんでもしゃがむ場所がズレるとオシッコがはみ出す時があります。

犬のオシッコの度に床の掃除では嫌になってしまいます。

このはみ出すオシッコの対策方法をいくつかご紹介しますので試してみて下さい。

脚を上げない様にしつける

男の子のワンちゃんでも子犬の頃は脚を上げずにオシッコをします。

外に散歩に行く様になり、成長と共にマーキングをし始めると脚を上げてオシッコをする様になります。

自然の世界では身体が大きい事は強さに繋がります。

犬は出来るだけ脚を高く上げてオシッコをなるべく高い位置に飛ばし、他の犬に対して自分の大きさ強さをアピールしたいのです。

子犬から成犬に成長する過程で脚を上げ始めた時、上げた脚をそっと抑えて下ろさせます。

毎回、必ず脚を抑えてやると男の子でも成犬になっても脚を上げなくなります。

しかし散歩の時にはマーキングをさせない様にリーダーウオークをしっかりしないといけません。

成犬の場合の脚上げ矯正はとても難しく、時間と飼い主の根気が必要になります。

トイレマットを変える

はみ出すオシッコ対策として簡単なのは平置きのトイレマットよりもL字型やU字型の物を使用するのが有効です。

トイレの場所を変える訳ではないので、ワンちゃんも抵抗なく直ぐに慣れてくれるはずです。

平置きのトイレマットに比べると存在感はかなり増しますが、床の臭いや掃除に追われるよりはマシではないでしょうか?

お風呂場をトイレにする

思い切ってお風呂場で排泄させるのはどうでしょうか?

トイレの場所を変えてしまうので暫くは排泄の度にお風呂場に誘導しないとなりませんが、慣れてくれたら結構楽チンです。

犬がお風呂場での排泄に慣れるまではトイレシートを設置しておき、慣れてしまえばトイレマットやシートの使用を止めてしまっても良いのでは節約にもなります。

ウンチは取ってトイレに流せば良く、飛び散りやはみ出すオシッコもシャワーで綺麗に洗い流せますし、臭いも気になりません。

ただし今までトイレとしていた場所周辺は念入りに掃除してください。

オシッコの臭いが残っているとトイレマットが無くてもオシッコをしてしまう可能性があります。

まとめ

子犬のトイレトレーニングの時から排泄のコマンド『ワンツーワンツー』を教えておくと、その後トイレの形態や場所を変更する際にも便利です。

はみ出すオシッコ対策は個体差にもよりますから愛犬に合った対策を試してみて下さい。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする