大型犬のトイレは室内か外かについ

犬を家族に迎えると一番始めにするのはトイレのしつけです。

予防注射が済む前のパピーの頃は室内でオシッコやウンチをしていますが、散歩が出来るようになっても不安感から外では中々排泄しません。

犬にとって排泄時は最も無防備な状態であり、大型犬と言えどもパピーの頃は不安なのです。

しかし成長と共に段々と自分に自信がつき始めると外で排泄出来るようになります。

散歩中の排泄は迷惑行為

しかし、外で排泄させるしつけは犬飼いとしてはどうでしょうか?

大型犬の場合、排泄量も多いので室内で排泄させると臭うからと言う理由で外でばかり排泄させていると室内で排泄が出来なくなってしまいます。

散歩中の飼い犬のウンチは飼い主が始末しているのは見かけますが、さすがにオシッコは持ち帰る事は出来ないので水をかけたりしている飼い主も居ます。

しかし大型犬ともなるとオシッコもかなりの量になり、ペットボトルの水を流したくらいでは臭いを消滅させる事は出来るわけもなく、臭いを広げているようなものです。

犬の臭いがある場所には他の犬もオシッコをかけるようになり、犬の公衆トイレと化してしまいます。

犬達の公衆トイレとされた場所の近くに住まう人達にとっては大迷惑な事です。

そもそも散歩は愛犬に排泄をさせるためではない事を飼い主に知って欲しいと思います。

トイレシートとトイレコマンド

だからと言って室内でしか排泄が出来ないと犬と一緒の外出や旅行先で困ってしまいます。

反対に外でしか排泄が出来ないと雨の日や台風でも外に行かなければなりませんし、先に書いたように迷惑行為にもなります。

特に大型犬ではレインコートを着せたり脱がせたり身体や脚を拭くのも一苦労な作業となります。

では、どうしたら良いのでしょうか。

解決策として散歩の際にもトイレシートを使い、室内でも室外でも排泄出来るようにしつける事です。

外で排泄してもトイレシートならオシッコを持ち帰る事が出来、臭いも残りません。

散歩の時に自宅の近くの適当な場所や公園の隅などにトイレシートを敷き『ワンツーワンツー』のトイレコマンドで排泄を促して下さい。

排泄させる場所は1つに決めずにいつも違う場所を飼い主が決めて下さい。

トイレシート=排泄と言うしつけが身に付ければ、散歩に無意味な重たい水を持ち歩く必要がなくなりますし、所構わず排泄と言う迷惑行為を防止出来ます。

また旅行先や高速道路のサービスエリアでもトイレシートとトイレコマンドで愛犬は排泄を必要以上に我慢しなくても良くなります。

まとめ

自宅でのトイレのしつけはトイレシートで排泄させる度に必ずトイレコマンド『ワンツーワンツー』と言ってやると愛犬はトイレコマンドを覚えてくれます。

愛犬が散歩に出られるようになってからも必ずトイレシートを持ち歩きトイレコマンドで飼い主が排泄をコントロールする事が出来れば愛犬との生活がより快適で楽しめると思います。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする