犬のしつけに適した首輪と種類について

犬のしつけでは飼い主がリードを上手に操る事で首輪によるショックが犬に伝わり、飼い主は黙っていても(ダメ)な事を教える事が出来ます。

首輪の種類によってショックの伝わり方にも違いがあります。

フルチョーク

リードを引けば引いただけ首が絞られるタイプの首輪です。

皮革製とチェーンタイプとあり、チェーンにトゲトゲの付いた物まであるのです。

ショックがダイレクトに犬に伝わるので大型犬や中型犬の気性の激しいタイプの犬の訓練やしつけに適しているとされますが、プロフェッショナルなドッグトレーナーが時と場合に応じて使うのであればまだしも素人の飼い主にはお勧めしません。

上手くリードを操らないと犬は首を絞められて苦しいばかりで思考能力も無くなってしまいます。

リードでショックを与えるのは(ダメ)な事に気付かせ、どうすれば良いかを犬に考えさせなければしつけとは言えません。

ハーフチョーク

中型犬以上の大きさの犬の訓練やしつけに向いている首輪です。

リードを引くと首が絞られますが、フルチョークとは違い、一定の所までしか絞られませんのでいくら引っ張っても首を絞め続ける事はありません。

しかしハーフチョークは操り方次第ではショックが犬に伝わらないので飼い主も多少は練習が必要になります。

フルチョークもハーフチョークも飼い主はリードを一瞬でパシッと引いて犬にショックを与え、直ぐに緩めると言うリードを操る高度な技が出来ないと効果的な訓練やしつけに成りません。

フルチョークやハーフチョークの首輪に繋ぐリードは皮革製の物を選ぶと布製のリードよりも手が滑り難いので操りやすいでしょう。

普通の首輪

ベルトの形状の首輪です。

犬が背後に引くと、首輪が抜けてしまう危険がありますのでサイズ選びを慎重にし、成長と共に愛犬のサイズに合った首輪を何度も買い直す必要があります。

ベルト状の普通の首輪は訓練やしつけには不向きですが、パピーの頃や超小型犬にはこのタイプの普通の首輪でも充分にしつけが可能です。

また色々と装飾を施した首輪もたくさんあるので飼い主も楽しむ事が出来ます。

まとめ

上記の首輪の他には胴体に装着するタイプのハーネスがあります。

ハーネスは引っ張っても苦しくないので犬はどんどん引っ張るようになります。

いずれの首輪を使用するにしても飼い主はしつけ教室などでリードの操り方やご褒美の与え方、褒めるタイミングなどのしつけ方法を愛犬と一緒に通い共に学ぶ事を強くお勧めします。

時々リードを犬と引き合っている飼い主を見る時がありますが、無闇に愛犬に苦しい思いをさせずに飼い主の指示に従わせる事が出来るようになるコツを教えてもらえますよ。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする