犬の喧嘩の原因と止め方

なんとなく気が合わなくて、顔を見るとムカつく人っていませんか?

犬も同じように気が合わない犬っているんだと思います。

同居犬同士の喧嘩と他所の犬との喧嘩では対応も止め方も違います。

喧嘩の原因

一般的にはオス犬とメス犬はあまり喧嘩になりません。

身体の大きさや年齢が近く、力の拮抗しているオス犬同士で最も喧嘩が起こりやすいと言えます。

オス犬同士は群れでの生活の基本として縦社会の順位制から、自分の優位性を示すために喧嘩が起こると思われますが、何だか気に食わないと言う理由で喧嘩になる事もあるように思います。

オス犬同士でも大きな犬が小さな犬を相手にする事は少なく、もしも有ったとしても稀なケースと言えるでしょう。

またメス犬同士はあまり喧嘩にはならないと言われています。

同居犬同士の喧嘩はご飯が原因になる事が多いので、ご飯を与える時はお互いが見えない場所で与えると喧嘩が減ります。

喧嘩両成敗

同居犬同士の喧嘩ではお互いに大怪我を負わせるような喧嘩にはほとんど発展しないので飼い主は無理に喧嘩を止めずに放っておいても大丈夫でしょう。

同居犬の喧嘩はお互いの優位性を競う為でもあるので順位が下位の犬は怪我を負うまえに上位の犬にお腹を見せて終わります。

喧嘩は常に喧嘩両成敗として飼い主は特にどちらかを叱るような事はしないで下さい。

犬には犬の事情、習性があるのですから人間が審判してはいけないのです。

しかし喧嘩がいつもよりエスカレートして危険だと飼い主が判断した時の喧嘩の止め方は床をスリッパで叩いてパーン!と大きな音を出して犬達を驚かせて止めさせて下さい。

『伏せ』と両方の犬に命じて一旦落ち着かせますが、酷い喧嘩の後は暫く2頭が顔を合わせないようにそれぞれを違う部屋に移す方が良いでしょう。

他所の犬との喧嘩はさせない

同居犬同士の喧嘩はあまり酷い喧嘩以外は放っておいても良いのですが、他所の犬との喧嘩は絶対にさせない事です。

他所の犬はどの様な環境で育ったのか、しつけはきちんとされているのかも分かりません。

性格も分からない犬との喧嘩はとても危険です。

散歩中に愛犬と気の合わない犬がいたら無理に仲良くさせようとぜず、その場を離れましょう。

ドッグランでも愛犬の様子と他所の犬の様子を良く観察して不穏な空気が少しでもあればドッグランから直ぐに出るようにします。

しかしながら、もしも喧嘩が勃発してしまった時の喧嘩の止め方を飼い主は知っていなければなりません。

喧嘩の止め方

他所の犬と喧嘩が始まったら出来る限り早く止める必要があります。

群れで生活する犬は弱い方の犬を多勢で攻撃する事があります。

パーンと鳴るような大きな音を出せるような物を持っていればそれを鳴らして犬達を驚かすのが人間に怪我も無く喧嘩の止め方としは一番安全です

もしくは水をかけるのも効果的な止め方です。

何も無い場合は両方の犬の間に身体ごと入って『待て』『ノー』と低い威厳のある、しかも大声で言いながら止めます。

高い声で叫ぶと応援してもらっていると犬は勘違いしてしまいます。

また喧嘩を止めるには双方の飼い主が同時に犬を引き離さないと、止めた方の飼い主にも攻撃して来る可能性がありますから注意して下さい。

まとめ

犬の社会化期と呼ばれる時期に母犬や兄弟犬と過ごし犬社会のルールを覚える事はその後の成育に重要であり、犬同士が上手に遊べる犬になります。

また人懐こい育てやすい犬にするにはその時期にたくさんの人との触れ合いも必要です。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする