名前を呼んでも来ない犬のしつけ方

犬の名前を呼んだりコマンドで飼い主の元に来させる「呼び戻し」と言うしつけがあります。

ドッグランに連れて行くにはこの「呼び戻し」が完璧でないと困ります。

はっきり言えば、コマンドや名前を呼んでも来ない犬はドッグランに連れていくべきではありません。

なぜ名前を呼んでも来ないのか

飼い主が名前を呼んでも来ない犬は今迄の飼い方に問題があったかもしれません。

犬を叱る時に「〇〇ダメ!」「〇〇うるさい!」と名前を呼んで叱っていませんでしたか?

また「〇〇??」と名前だけを叫んでイタズラを制止していませんか?

犬にとって〇〇は自分の名前ではなく、叱られる時の枕詞の様な存在、音になってしまった可能性があります。

犬のしつけでは褒める時には「〇〇良い子」「〇〇グッド」と名前を呼びながら声かけし、叱る時は『ノー』『ダメ』とコマンドだけを発する様にするのが良いしつけ方です。

名前を呼ばれると良い事があるよと犬に覚えさせ、自分の名前を好きになるように仕向ける事が大切です。

呼び名を変える

名前を呼んで怒っていた覚えがあるのなら、思いきって名前をを変えても良いと思うのです。

もしくは呼び名を変えて褒める時には必ず新しい呼び名を付けて「〇〇グッド」と褒めるのを繰り返していれば呼ばれて嬉しいと覚えるでしょう。

『来い』をしつける

名前を呼んでも来ない犬を飼い主の元に来させるには名前ではなくコマンド『来い』を覚えさせしつけましょう。

最初は犬にリードを付けて『座れ』『待て』をさせます。

そして犬とリードの長さ分離れて正面に向き合って立ってください。

『来い』と言いながらリードを引いて犬を自分の元に引き寄せます。

犬を自分の元に来させたら『〇〇グッド』『〇〇良い子』と犬の身体を撫でてご褒美を与えます。

リードを引き寄せなくても『来い』で飼い主の元に来る様になったら、次のステップに進みますが、家の中と外では刺激が全く違うので、必ず公園でも練習してください。

次のステップではリードを置いて犬から離れる距離を少しずつ長くし、最終的にはリードを外した状態でも『来い』が出来る様にします。

1回の『来い』で犬が来ない時でも何度もコマンドを叫ばないでください。

コマンドは1回の指示で従わせる必要があります。

何回もコマンドを言うと犬の方で勝手に3回言われたら従おうなどと判断するようになります。

失敗した時は叱らずにスルーし、ひとつ前段階に訓練を戻しましょう。

まとめ

呼び戻しのコマンド『来い』を完璧にするには飼い主がボスである事が絶対条件です。

リーダーウオークや『待て』『座れ』といった服従訓練も合わせて訓練すると覚えが早くなります。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング