犬のしつけはいったいいつまで続ければ良いの?

犬を家族に迎えたその日から始まるしつけ。

トイレトレーニングからお座りや待てのしつけに無駄に吠えない様なしつけと、飼い主はしつけなければならない事が色々あります。

トイレトレーニングや無駄に吠えないしつけは日々の生活でどうしても必要不可欠なしつけです。

ではお座りや待てのしつけはどうして必要なのかを飼い主は理解していますか?

群れ社会の規律

犬は群れ社会で暮らす動物であり、人間との生活でも自分を含め飼い主や家族を一つの群れと捉えています。

群れ社会ではボスを筆頭に順位制度が確立され、犬は人間と暮らしながらも群れ社会の規律を遵守する本能が色濃く残っています。

人間、飼い主はそんな犬の群れ社会の規律を理解し、利用して犬との共存を可能として来ました。

お座りや待ての必要性

人間が犬との共存をする上で飼い主や家族は犬のボスであり、犬よりも常に上位に立っていなければ人間の都合に合わせた生活は成り立ちません。

飼い主や家族が常にいつまでも犬のボスや上位であり続けるために欠かせなのが犬の服従訓練です。

お座りや待てのしつけをするのは服従訓練の一つであり、犬に服従を教える手段なのです。

極端に言えばお座りや待てが出来なくても飼い主に対して完全に服従している犬であれば、お座りや待てを教えなくとも犬は行儀良く飼い主の指示を待ちます。

散歩でも引っ張って歩く事も無く飼い主に付いて歩く事でしょう。

犬社会でのボス犬は下位の犬に対してお座りや待てを教える事はないのですから。

いつまで続けるのか

飼い始めの仔犬の頃は犬自身が小さく弱く無力である事を知っています。

そんな仔犬の唯一の武器である自らの可愛いさ弱さを利用して人間に養護され溺愛される存在になります。

しかし一年も経ち成長と共に自分に自信を持つ様になると犬は人間の溺愛を利用して飼い主よりも上位に立とうと虎視眈々と機会を窺うのです。

散歩での引っ張りや無駄吠えなどの問題行動をする犬の多くは飼い主が油断して服従訓練を疎かにしたり継続しなかった結果と言えるでしょう。

愛犬の可愛い容姿や仕草に惑わされ、いつの間にか飼い主が犬に従属させられてしまうのです。

そんな事にならないためにお座りや待てなど服従訓練としてのしつけを常に、犬と生活している限りいつまでも続ける必要があるのです。

まとめ

犬と言う動物は頭が良く、人間が思っているよりも案外狡猾でもあります。

一旦は飼い主に服従していても、その後のしつけの継続を怠れば直ぐに人間の上位を狙った行動をするでしょう。

飼い主が根気強く、常にいつまでと言う期限の無い愛情あるしつけを継続すれば愛犬は必ずや応えてくれるはずです。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする