横取りされると思ってる?犬に『待て』をしつけるには

大概の犬はとっても食いしん坊です。

まるでご飯に命を賭けているかのように、ご飯の『待て』ではヨダレをタラーリタラーリと垂らしながら真剣な眼差しで「僕は真面目にしっかりやります」と言っているかの様な表情です。

またはご飯に異常な執着心を見せ、同居犬だろうが猫だろうが横取りはさせないぞとでも言いたげに食べている間中、唸っている犬もいます。

唸る二通りの理由

普段は温厚な大人しいワンちゃんでもひとたびご飯が絡むと唸ってしまうワンちゃんがいます。

唸るには二通りの場合が考えられます。

一つにはご飯が嬉しくて喜びのあまり唸ってしまいます。

この場合は誰が側を通ってもご飯に手を入れても怒りませんから、ちょっとお下品な感じがするだけで(笑)何ら問題はありません。

もう一つは同居犬や同居猫が居る犬に多く見られますが、他の犬にご飯を横取りされまいとご飯を死守するために唸って他を威嚇しています。

この場合はご飯に近づく者は全て敵とばかりに攻撃に出る事もあるので出来れば直したい行動です。

仔犬の頃のしつけ方

先住犬がいる場合は必ず先住犬からご飯を与えてください。

犬社会のルールです。

そして仔犬と言えども、ご飯の時には必ず『座れ』『待て』『良し』を徹底し、飼い主の許可無く食べ物を食べてはいけない事を教えてください。

またご飯を食べている時に飼い主が手を入れてかき混ぜたり、手からご飯を食べさせるようにします。

食事の途中でも『待て』のコマンドで食事を中断させるのも必要なしつけです。

『待て』の後にはご飯を少し足してやったり、ご飯よりもちょっとスペシャルな物を入れてやると良いでしょう。

こうする事によって飼い主がご飯を与えてくれるボスだと教え、ボスの手はご飯を横取りする手でなくスペシャルをくれる嬉しい手になります。

成犬になってから

ご飯を横取りされまいと唸る犬が既に成犬の場合はしつけ直すのはかなり難しくなります。

特に中型犬より大きい犬の場合はとりあえずご飯前の『座れ』『待て』『良し』が出来るのなら良しとしましょう。

犬の食事中に無理に手を出すのは止めておかないと咬まれる危険性があります。

この場合はリーダーウオークを徹底して『座れ』『待て』『良し』と言った犬の服従訓練を徹底し、ご褒美としてフードやおやつを手から与えられる事に慣らしていくのが安全なしつけ方です。

同居犬や同居猫が居る場合は違う部屋で落ち着いて食事が出来る様に配慮してやると唸らずに食べられる可能性もあります。

まとめ

食に関する犬のしつけは仔犬の頃からきちんとしつけしないと改善が難しくなります。

しかし、どの様なしつけも飼い主がボスらしく毅然した態度と根気強くしつければ犬は必ず応えてくれることも知ってください。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする