成犬になった時に困らないトイレのしつけ方とは

子犬が家族になったその日から始まるのがトイレのしつけです。

所構わずしゃがんでシャーとしていたオシッコもちゃんとトイレでする様になり、ホッとするのも束の間。

犬は成長して成犬になり、散歩が日課になると犬の中では排泄をしなくなる事があります。

また男の子は成犬になると家の中のトイレでも脚を上げてオシッコをする様になり、飛び散るオシッコのお掃除に追われる事になってしまいます。

子犬が成犬になってもトイレの始末で困らないようなトイレのしつけ方をして行きましょう。

スポンサーリンク
dog-education.comレクタングル大

外でも家の中でも排泄出来る様にしつける

雄犬の成犬は散歩中のマーキングを覚えてしまうとマーキングをするために家の中でオシッコをしなくなる事があります。

家の中で排泄をしなくなってしまうと雨でも台風でも飼い主は愛犬を散歩に行かなければならなくなり飼い主の負担が大きくなります。

また犬が怪我をしたり老犬になった時でも排泄のために散歩に連れて行くのは犬にとっても負担になります。

逆に家のトイレでしか排泄しない犬では、犬と一緒に旅行の様な遠出が非常に難しくなってしまいます。

家の中でも外でも排泄が出来る様なトイレのしつけをしましょう。

トイレコマンドを教える

子犬の時からトイレコマンド『ワンツーワンツー』を覚えさせましょう。

子犬がオシッコやウンチをしている時に『ワンツーワンツー』と声を掛けてやるだけです。

次第に子犬はコマンド『ワンツーワンツー』を聞くだけで排泄が条件反射になり、トイレに行く様になります。

トイレシートを使う

子犬の予防接種が全て終了して外に出られる様になったら、散歩に出る時には必ずトイレシートを持参してください。

そして飼い主が決めた場所でトイレシートを使ってトイレコマンド『ワンツーワンツー』で排泄を促してやります。

外に出始めたばかりの子犬は緊張感と何処にすれば良いのかが分からず簡単には排泄しませんが、いつものシートがあれば排泄しやすくなります。

シートで排泄させるのにはもう一つ、オシッコを持ち帰ることが出来ると言う利点があります。

ウンチを飼い主が拾って持ち帰るのは既に常識ですが、オシッコの場合はほとんどがそのまま放置となっています。

犬は他の犬のオシッコの匂いを嗅いで、更に自分のオシッコをかけて行く習性があります。

つまり一頭がオシッコをすると次から次へと犬がオシッコをする様になるのです。

時々、ペットボトルで水をかける飼い主を見ますが、犬の臭覚を甘く見てはいけません。

特に住宅街はコンクリートですから地面に浸み込まないので匂いを広げる様なものです。

まとめ

トイレコマンドのしつけや外でもシートを使う排泄は子犬の頃からしつけていないと成犬になってから覚えさせるのは簡単ではありません。

また成犬になってからマーキングを止めさせるのは至難の業ですから子犬の時からマーキングをさせない様にリーダーウォークを実践すれば他のしつけをするのにも役立ちます。

スポンサーリンク
dog-education.comレクタングル大

dog-education.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする