トイレットペーパーの芯を食べる犬の変な癖を止めさせるには

歯の生え換わりの頃の子犬は歯がむず痒くなり、手当たり次第の物をカジカジと噛んでしまいます。

その時の噛み心地が良かったのか成犬に成長した後もカジカジ癖の残る犬がいます。

ティッシュ、トイレットペーパーの芯、紐やタオル、皮革製品などなど、犬に依って好みがあり、食べるためでは無くてクチャクチャと噛みたいのです。

食べるのが目的では無く、クチャクチャと口の中で溶けて無くならずにずっと噛み続けていられる変な物が好きな傾向にあります。

スポンサーリンク
dog-education.comレクタングル大

クチャクチャはストレス解消

子犬の時の癖の残りでもありますが、トイレットペーパーの芯の様に少し噛み応えのある物をクチャクチャずっと噛んでいるのは犬にとってストレス解消にもなっています。

お留守番の時、飼い主が遊んでくれない時の退屈凌ぎに噛んでいると気が紛れて落ち着いてくるのでしょう。

食べるのが目的ではないので口から吐き出してはまた次の物を噛むワンちゃんも居れば、噛み切ってしまいそのまま呑み込んでしまうワンちゃんも居ます。

呑み込んでしまうワンちゃんには注意が必要です。

呑み込みは危険

トイレットペーパーの芯の様に水に溶けてしまう物や、ウンチとして排泄されれば問題ありませんが、呑み込んだ物が胃や腸に滞留してしまうと深刻な病気を引き起こす危険性があります。

タオルをクチャクチャと一本呑み込んでしまったと言う大型犬のワンちゃんもいますが、無事にウンチと一緒に出てきたそうです。

またシリコンスプーンをクチャクチャしている間に柄から喰いちぎって呑み込んでしまい、腸の奥に行ってしまったため開腹手術で取り出した中型犬のワンちゃんもいます。

犬がクチャクチャしている時は十分に注意してください。

止めさせるには

犬の体格や個体差によって危険な物が違うので一概に何が危険とは言えません。

大型犬がトイレットペーパーの芯を一本食べてしまっても、さほど問題ではないと思いますが小型犬の場合では危険が無いとは言えません。

おもちゃのボールでも犬の体格に合った物を与えないのと呑み込んでしまう危険があります。

日頃からワンちゃんを観察して危ないと判断した物は取り上げるべきでしょう。

取り上げる時も叱って取り上げると次は隠れてやる様になるので何か食べる物と交換する形で取り上げる様にすると良いでしょう。

またクチャクチャしている時は退屈な時や寂しいと感じている時などが多いので、引っ張りっこ遊びでストレスを発散させてやるのも止めさせる方法の一つです。

まとめ

飼い主にとっては何で?と思う様な変な物も犬は食べる時があります。

危険な異物を食べる、呑み込んだ時は直ぐに病院に連れて行ってください。

病院に行くまでは絶食させます。

スポンサーリンク
dog-education.comレクタングル大

dog-education.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする