お座りしたまま歩く犬の事情とは

犬を飼った事が無い人にはあまり知られていませんが、犬には肛門とは別に肛門腺と言う分泌液を出す臭腺があります。

肛門腺に分泌液が溜まり過ぎるとお尻を床に擦り付けるためにお座りしたまま歩く様な行動をします。

スポンサーリンク
dog-education.comレクタングル大

肛門腺とは

イタチの最後っ屁と恐れられるくっさい臭いは実はオナラではありません。

本来は自分のテリトリーを主張するマーキングのために肛門腺という臭腺から出す分泌液を出しますが、イタチやスカンクは外敵から身を守るためにも噴射します。

犬にも肛門腺がありますが分泌液が排出されず肛門嚢に溜まり過ぎるとお尻が痒くなり、お座りしながら歩く様な格好で地面にお尻を擦り付けます。

犬の祖先である狼もマーキングの時に肛門腺から分泌液を出します。

犬の場合は狼よりも大きい犬種では自力で排泄時に一緒に分泌液を排出しますが、狼より小さい犬種では自力で排出出来ない子が多くなりますが、個体差があります。

肛門腺を絞る

自力で分泌液を出せない犬の場合は飼い主や病院で肛門腺を絞って強制的に排出させる必要があります。

分泌液を出さずに放っておくとお尻が痒くなってお座りしながら歩くばかりでは無く、肛門腺が炎症を起こしたり酷い時は肛門腺が破裂して治療が必要になります。

何より肛門腺が炎症したり破裂してしまうと酷い痛みを伴います。

犬によって分泌液が溜まる頻度が違うので飼い主は愛犬の様子を観察して定期的に絞ってやるかトリマーや病院で絞ってもらう様にしてください。

肛門腺の絞り方

肛門腺絞りは飼い主が自分で絞る事も可能です。

肛門腺は肛門の少し下辺りにあり、分泌液が溜まっている時は触るとグリグリした感触があります。

犬の尻尾を持ち上げて反対の手で肛門の少し下辺りを親指と人差し指で少し持ち上げる様に挟んで絞ります。

分泌液はイタチやスカンク程ではありませんが結構な臭いがするので飛び散りを防ぐためにもキッチンペーパーなどを使う事をお勧めします。

また絞った時に飛び散り被毛に付いてしまう可能性もあるので、犬をシャンプーする時に絞ってやるのが良いのではないでしょうか。

あまり強く絞ると犬が痛がり、肛門腺絞りを嫌がる様になりますから注意が必要です。

まとめ

肛門腺絞りは概ね月に1回程度で良いとおもわれますが、犬によっては2週間位で溜まってしまう子もいます。

愛犬がお座りしなが歩く様子を見せたら、なるべく早く絞ってやりましょう。

また肛門腺絞りは慣れないと上手く絞れないのでトリマーや病院で肛門腺絞りのコツを教えて貰うと良いと思います。

無理をせずに犬の定期検診を兼ねて、月に一度病院で絞って貰うのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
dog-education.comレクタングル大

dog-education.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする